学習科学

反転学習(反転授業)とは?メリット・デメリットや事例をご紹介

2021.06.21

赤塚啓紀

所長

目次

読了までおよそ10分かかります

反転学習(反転授業)とは何か?

反転学習(反転授業)とはどのような学習形態を言うのでしょうか。

反転学習の定義

従来の学習方法では、学校の授業で知識を獲得し、宿題でその知識を活かして問題を解くのが一般的でした。つまり、学校でインプットし、家でアウトプットするのです。

これを反転させたのが反転学習です。具体的には、予習で知識を獲得させ、授業でその知識を用いた問題練習やディスカッションを行います。

2000年代にアメリカで取り入れられた授業形態ですが、日本でもいくつかの大学で試みられています。そして、教育のIT化により家での予習が容易になったことから、昨今再び注目を集めています。

反転学習はハイブリッド型学習の一つ

IT機器を用いたオンライン学習と、従来の授業やディスカッションのようなオフラインでの学習を組み合わせた学習形態を、ハイブリッド型学習と言います。反転学習は予習にオンライン学習、授業はオフラインで行うため、ハイブリッド学習の一つです。

反転学習以外にも、さまざまなハイブリッド学習が登場しています。

ハイフレックス型授業

ハイフレックス型授業とは、同じ内容の授業をオンラインとオフラインの両方で行うことです。基本的には通常どおり対面で授業をしつつ、その映像をオンラインで配信することで、オンラインでの参加も可能にします。

これは、遠隔地にいる人もそうでない人と同等の授業を受けられる形式として採用されています。たとえば、大学で複数のキャンパスがある場合、ハイフレックス型授業ならそれぞれのキャンパスにいる学生が同じ授業に参加可能です。また、コロナ禍のように教室に入れられる人数に制限がある環境下でも、参加者数を気にせず授業を展開できるというメリットがあります。

ブレンド型授業

ブレンド型授業は、必要に応じてオフラインとオンラインの授業を組み合わせる授業形態です。オフラインとオンラインにはそれぞれ向き不向きがあるため、適正を考慮して組み合わせて利用します。

たとえば、知識の伝達だけを目的とするならば、オンラインでも充分事足りるでしょう。一方、ディスカッションのようにコミュニケーションを伴うものや体を動かして実践的に何かを身に付ける場合は、オフラインの授業を採用します。

分散型授業

学生を2グループに分け、片方はオンライン、もう片方はオフラインといった形で分ける形態です。ハイフレックス型授業と似ていますが、オンラインとオフラインのグループを事前に決め、学生側には選択の余地がない点で異なります。

こちらは新型コロナウイルスの影響で急激にニーズが高まっている授業形態です。教室に入れる人数に限りがあっても問題なく授業を提供できます。

反転学習(反転授業)が注目される背景や理由

反転学習(反転授業)はなぜ注目されるようになったのでしょうか。

反転学習の効果の実証

2012年と2013年に、ノースカロライナ大学エシェルマン薬学部で実験的に反転学習が取り入れられました。そして、結果として年度末試験における成績がそれまでよりも高くなりました。従来の講義形式よりも、反転学習の方が学習効果が高いことが実証されたのです。

さらに、学生たちは従来の講義よりも反転学習の方を高く評価したというデータも得られています。最初は大変だったものの、次第に反転学習が積極的な学びを促進しているように感じられたと言います。

こうした実験結果が注目を浴び、反転授業が取り入れられるようになりました。

参考
https://www.theatlantic.com/technology/archive/2013/09/the-post-lecture-classroom-how-will-students-fare/279663/

デジタル教材の充実

一昔前は、紙の教材を用いて勉強するのが当たり前でした。しかし、今やその常識は覆されつつあります。動画や音声などが広く教材として使われるようになっています。

こうした教材の充足が、予習のハードルを下げました。反転授業では授業のために自力で予習する必要がありますが、動画教材が配布されるのであれば予習は難しくありません。一人で紙の教科書と格闘しながら新しいことを理解する必要はなく、従来の学校の授業と同じような映像で学ぶことができます。

デジタル教材の代表例としてMOOCsがあります。これはインターネット上ですべての人に公開された学習プラットフォームです。世界中の有名大学の講義を誰もが視聴できます。

ICT環境の整備

デジタル教材を有効活用するにはICT環境が必要です。以前はICT環境が整っていなかったため、デジタル教材の活用が困難でした。しかし、今の日本では多くの人がインターネットを利用しています。パソコンやスマートフォンなどのデバイスで、簡単に教材へアクセスできるようになりました。こうした環境の変化も反転学習の普及を後押ししています。

新型コロナウイルスの影響

日本はアメリカなどに比べると、教育のIT化が遅れていると言われています。しかし、近年教育を含めたさまざまな分野でIT化が急速に進んでいます。新型コロナウイルスの影響で、人と人が接触することなく活動することが求められているからです。

結果として、ICT環境を駆使して学習を進めることへの抵抗感がなくなってきました。そして、以前から注目されていた反転授業が、改めて脚光を浴びることになったのです。

反転学習(反転授業)のメリットや効果

続いて、反転学習のメリットや効果を紹介します。

授業に取り残される生徒が減る

通常の授業では、生徒が途中で理解に躓いても、それとは関係なく授業が進んでいきます。そのため、どうしても理解が追いつかず、授業に取り残されてしまう生徒が出てきます。

一方、反転学習であればその心配はありません。映像教材は通常の授業と異なり、何度でも確認できます。途中で止めたり巻き戻して確認したりすることも可能です。そのため、理解できるまで生徒がじっくりと勉強に取り組めます。

生徒の理解度を教師が把握しやすい

従来の授業において、教師の役割は生徒に知識を伝達することでした。黒板の前に立ち、全員に向かって同じ授業を提供します。そのため、誰がどの程度理解できているのか把握するのが困難でした。テストのときになってようやく理解が遅れている生徒が判明しますが、これでは適切なフォローは難しいでしょう。

しかし、反転学習では自宅で予習し、授業ではアウトプットを行います。アウトプットでは生徒が学習内容を適切に理解できているかどうかが如実に表れるため、教師は生徒の理解度を把握しやすくなります。また、黒板の前に張り付いている必要もないので、生徒へのフォローも行いやすいでしょう。

積極的な学習を促せる

学習とは、本来一人ひとりが主体性を持って行うものです。誰かから伝えられる知識をただ受け取るだけでは、活きた能力は身に付きません。自ら考え、疑問を抱き、それを解決することで思考力や知識の活用能力を身に付けるのです。

反転学習であれば、生徒は未学習の分野へ自分で足を踏み入れることになります。まだ誰からも教わっていない分野を、映像教材を用いて自力で学ぶのです。必然的に生徒の積極性が引き出されることになり、高い教育効果が期待できます。

分からないところを質問しやすい

学校で授業を受け、家で宿題を行うという学習スタイルでは、分からないところが放置されがちです。教師がそばにいる授業中には自分が理解できていない部分が鮮明化されず、家で宿題をやるときに初めて自分の理解度が明らかになります。このとき、そばに教師がいないため、生徒は自分の疑問を放置することになります。

一方、反転学習は家で予習し、学校でアウトプットを行います。アウトプットの際には分からない部分が浮き彫りになりますが、その時にそばに教師がいるため、すぐに質問できます。

周囲の人と共に問題を解決する能力を養える

どのような仕事でも、他者との協力は避けられません。そのため、学校教育の段階で他者と協力し問題を解決する能力を養っておく必要があります。

従来の学習方法では、問題を解くのは宿題がメインだったため、一人で考える必要がありました。一方、反転学習では授業で皆が集まって問題解決に取り組むため、グループワークを行えます。問題解決能力と共に、コミュニケーション能力も養えるでしょう。

反転学習(反転授業)のデメリットや注意点

反転学習にあるのはメリットばかりではありません。次はデメリットを紹介します。

生徒の負担が大きい

家で予習をするのは簡単なことではありません。ICT環境の整備によりハードルが下がったとはいえ、新しい分野を自分で学ぶのは大変なものです。

特に、部活などで時間がなかなか取れない生徒にとっては大きな負担となるでしょう。予習に時間を割く分、宿題を減らす手もありますが、これでは充分なアウトプットを確保できない可能性もあります。どの程度の内容を家で学ばせるのか、線引きが重要になるでしょう。

低学年の子どもには不向き

小学生でも高学年になれば、自分で勉強することにそれほど大きな抵抗はないかもしれません。しかし、低学年の子どもに予習をさせるのは大変です。親のサポートが必要になることもあるでしょう。

すべての子どもが親のサポートを受けられれば良いですが、共働きが一般化している昨今でそれを前提とするのは困難です。どの学年から導入すべきなのかについて議論が必要です。

学習意欲が必要

反転学習は生徒が家で充分な予習をすることを前提としますが、実際に生徒がどれくらい予習をしてくるかは分かりません。予習がなければアウトプットの場としての授業も価値を失い、学習効果が期待できなくなります。

現代は子どもたちにとって誘惑の多い時代です。IT機器も上手に使えば学習を促しますが、ゲームやアニメを提供するデバイスにもなり得ます。そうした環境で学習意欲を確保し、日常的に予習を行うには、かなりの精神力が求められるでしょう。

ICT環境の差

一昔前と比べてICT環境が整ってきているとはいえ、すべての人が利用できるわけではありません。家庭によっては子どもが充分な環境に恵まれないことがあります。また、教師側にとっても、地域によって学校で利用できる環境に差があることも多いでしょう。

こうした差が教育格差を生み出し、子どもの将来の甚大な影響をもたらす可能性があります。文部科学省が積極的に教育のIT化を進めていますが、全生徒が充分な学習環境に恵まれるまでにはまだ時間が必要でしょう。

反転学習(反転授業)を用いた事例をご紹介

反転学習を実際に導入した事例にはどのようなものがあるのでしょうか。

大学での事例

広島大学はアクティブラーニングの一環として反転学習を導入しました。教科書や資料、講義動画によって事前に学習させ、授業の時にはグループワークを行います。また、応用試験として、解のない問題にグループで取り組み、発表を行います。

知識の獲得だけでなくそれを活用する知恵の習得を目指したこの新しい授業形態は、多くの学生から好評だったと言います。ただ聞くよりも知識が定着しやすい、物事を考える習慣がついたといった意見が見られました。

タブレットPCを用いた事例

佐賀県武雄市では生徒1人1台がタブレットPCを持てるよう推進し、2016年には市内全小中学校でそれを達成しました。このタブレットPCを活用して反転学習を行う取り組みは、スマイル学習と名づけられています。

生徒たちはタブレットPCで予習を行いますが、できるだけ子どもたちの興味関心を惹きつけられるような動画コンテンツを用意。現場の教師と企業が協力して作りあげた動画コンテンツは子どもたちに好評で、予習を忘れてくる子どもは少なくなったと言います。

反転学習(反転授業)の今後の課題とは?

反転学習にはいくつかの課題があります。教える側と教わる側に分けて見ていきましょう。

教える側が抱える課題

教育を提供する側は、反転学習を円滑に行える環境と教材を整備する必要があります。

教材を用意しなければならない

反転授業では、従来は授業で伝えていた知識を映像などの教材で伝えなければなりません。この教材を作ること自体が簡単ではなく、教師にとって大きな負担になる可能性があります。

生徒の予習をコントロールする必要がある

予習をするよう伝えただけでは、きちんと予習してこない生徒も現れるでしょう。その事態を防ぐため、生徒に予習を促す仕組みが必要になります。システム上で生徒のアクセス状況を管理するなど、ITシステムを上手く使う必要があるでしょう。

教えられる側が抱える課題

教わる側には、予習に取り組める環境と意欲が求められます。

予習に十分なエネルギーを割く必要がある

先述したように、教わる側は予習を行うことが前提です。これをしなければ授業でのアウトプットができず、無駄に時間を費やすことになります。部活動などにも時間を割く中、何とかして予習する余力を確保しなければなりません。

ICT環境を整備しなければならない

タブレットやPCなどのデバイスを用意しなければなりません。学校側から支援を受けられるかもしれませんが、各家庭の経済状況にも左右されるでしょう。

まとめ

反転学習は以前から効果的な学習方法として注目されていました。しかし、予習のハードルが高く、実践的に導入するのは難しいと判断されてきました。その常識を覆したのがICT環境の整備です。動画教材を取り扱えるようになったことから予習が簡単になり、反転学習の導入が現実的になりました。授業でアウトプットに注力することで、学習者は活用性の高い知識と知恵を獲得できます。

関連記事